Search

派遣のお仕事を手助けをしてくれる派遣営業担当の実態

派遣社員が楽しく働けているということは、その裏に派遣営業担当の人がしっかりカバーをしているということは知っておいた方がいいでしょう。
一般的に、この派遣営業担当の仕事内容はとても過酷だといわれています。
日中は営業活動で外出していますから急用以外の電話は鳴りません。
ですが、19時ぐらいに会社へと戻ると平均3件ぐらいは何かしらの連絡が入っており、派遣社員の相談になると1時間以上の電話も珍しくはないのです。
それにプラス、企業からの問い合わせなども含まれるとなれば大変の言葉しか浮かびません。
そして、週に2、3回は会議や研修が出てきますので、終わって家に帰るとなれば日をまたぐというのもざらにあるのです。
家に帰ってからも資料の整理やらで仕事をしなければならないとなれば、地獄も地獄だといえるでしょう。
もちろん忙しくない月というのも存在しますが、多忙時期に入ってしまうと寝床が漫画喫茶となる人も決して少なくはないのです。
ブラック企業に勤めているのではないかと周りから疑われる人も中にいることでしょう。

派遣社員が急に会社に行かないというのも日常茶飯事

派遣営業担当の中には、プライベートでも恋人や友人からドタキャンされたとしても怒らない人が多いかもしれません。
その大きな理由に、派遣社員が急にお仕事に行かないということがよく起きるからであって、ある意味ドタキャンという行動には慣れているということがいえるのです。
むしろ、一ヶ月の間にドタキャンが一件も起きなかったという月を探すほうが難しいくらいなのです。
どんな理由であっても、ドタキャンが起きた時点で相手企業には怒られるのが確定なので腹をくくるしかありません。
人間誰しも「慣れ」という言葉があるように、派遣社員が急に仕事に行かない、相手企業に怒られる、ということに対して慣れてもいるのです。
結局のところこの派遣営業担当というお仕事は、心が最も鍛えられるお仕事であり、心が多少強くないと勤まらないお仕事なのでしょう。

それでも心が病んでいく派遣営業担当も存在する

やはり、派遣営業担当は肉体的にも大変だとは思いますが、精神面で病んでしまう人はもっと多くいるはずです。
派遣社員だけでなく、相手企業からの不満の捌け口にされるのも仕事内容の一つでもあります。
その中にも、どうしてもコントロールできないクレームが多いので、ここで参ってしまう人も多いようなのです。
人を見る力も身につくので相手が何を考えているかなどの役立つこともありますが、やたら疑り深くなってしまうというあまり必要のない面も持ち合わせてしまう人もいます。
そういった精神面の苦痛は体力的苦痛よりもしんどいものです。
派遣で働くとなった際、手助けをしてくれる派遣営業担当の過酷さを知っておくだけで真摯にお仕事に取り組めるのではないでしょうか。

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.