Search

派遣で役立つパソコンスキル

 求人を探していると、応募資格の欄で「Word、Excelの基本的な知識」が必要とされていることがよくあると思います。学校の授業で軽く触れたり、簡単な文書の作成はできるけど「基本的な知識」を持っていることになるのか不安になる人は多いのではないでしょうか?実際、具体的にどんな操作ができること、と書いてあるわけではないので専門的な知識がない人からするととてもあいまいな条件ですよね。そんなときに迷わなくて済むように、ここではパソコンスキルの基本とはどんなものなのかを紹介していきたいと思います。

 求人に書いてあるWordの操作知識については大体、初級から中級程度の知識を持っていることを指しているようです。上級レベルの知識は特に実務経験があるような場合を指しています。
 初級編
  ・スムーズにキーボード操作をすることが可能で、簡単なフォーマットの書類を作成することができる。
  ・Wordの機能の中で、文字の大きさや太さ、強調の調整やフォントの変更、コピー&ペーストや中央揃え等の基本的なものを使うことができる。
  ・図やグラフ、表などを作成し、配置することができる。

 中級編
  ・複数ページにわたる書類の作成、および、目次や索引等を作成することができる。
  ・会社で用いる会議資料を作ることができる。

 上級編
  ・目的に合わせ、文章を自在に作成し、フォームの作成や印刷物の政策をすることができる。
  ・ワークグループでの文書管理も可能。

 Excelの場合はWordよりも使い方が複雑であるため、初級程度の知識を必要とされていることが多いようです。
 初級編
  ・表にデータを入力することができてそのファイルを印刷、保存することができる。
  ・表を作成し、わかりやすいように罫線や色、網掛け等の操作をすることができる。
  ・平均や合計などの簡単な関数を使うことができる。

 中級編
  ・もとある数値を用いて計算等を施した資料を作成することができる。
  ・より高度な関数を利用してデータを集計することができる。

 上級編
  ・文章やグラフ等のデータを組み合わせて印刷物やデータベースを作り上げることができる。
  ・データの検索や統合、抽出をすることができる。

 派遣の仕事の中でも人気のある事務作業、特にデスクワークにおいてはもはやパソコスキルは必須となっています。自分に合った仕事を探していくためにも、ご紹介した基本的なテクニックを身に着けて損はないはずです。

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.