Search

派遣スタッフであっても有給休暇は同じように貰いたい

一般的に、有給休暇は派遣やアルバイトでは取得ができず、正社員でしか有給休暇が取得できないと思っている人も少なくはないと思います。
結論からいいまして、それは全くの間違った認識であり、派遣スタッフであってもしっかりと有給休暇の取得ができるのです。
そもそも労働基準法によれば、「使用者はその雇入れの日から起算して6ヶ月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した労働日の有給休暇を与えなければならない」とあります。
週に30時間未満のパートタイマーの人でも、勤務日数に対して与えられる有給休暇の日数というのが決まっているのです。
フルタイムで働いている人はもちろんのこと、そうでない人であってもしっかり長く働いていれば有給休暇がもらえるのです。
ちなみに、有給休暇の計算方法は少し複雑である場合が多く、また2年を過ぎると無効になってしまいます。
こればかりは自分自身でしっかりと把握しておかなければ損をしてしまいますので、気がついたときにその都度、会社側に確認をしておいたほうがいいでしょう。

取得方法は会社のルールに従わなければならない

有給休暇を取る場合は、事前に会社側に伝える必要があります。
もちろん、その後には派遣元への連絡もしなければなりません。
いきなりの有給休暇の取得は相手の会社側に迷惑がかかる恐れがあり、最悪の場合は代わりの人材を手配しなければならないという手間をかけてしまう恐れも出てきます。
とはいえ、身内に不幸があったりなどのやむを得ない場合もあるでしょう。
そういった場合は、速やかに派遣先に連絡した上で判断を仰ぐことになります。
急な休みになるわけですから、その日のうちに派遣会社への報告もしっかり行わなければなりません。
これに関しては、普通の大人であれば最低限のマナーでもあります。
また、正式な手続きに基づいて申請した場合は、「会社の業務に対する重大な妨げ」が発生しない限り会社は有給の取得を拒否することはできません。
有給休暇というのは働く人の立派な権利になってきます。
ですが、相手に迷惑をかけないためにも関わっている人たち全てに知らせておくのはとても大切なことでもあるのです。
特に、連休などの長く休みを取りたい場合には職場の状況をきちんと把握して早めに周りの人たちに相談しておくようにすると、休日申請がしやすくなるでしょう。
有給休暇というのは、労働者のために身体を休める権利を与えたものであります。
上手に与えられた日数を使うことも、立派な社会人の仕事の一つでもあるように思います。

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.