Search

20代から派遣で働く人のメリットについて

今現在、派遣社員として働く人の数が優に100万人は超えているといわれています。
その中でも、20代という若いうちから派遣社員として働く人も多く見受けられてくるのです。
もちろん、派遣で働くということ自体多くのメリットが存在してきます。
ですが、メリットの部分ばかりに目が行っているといつかは痛い目に遭う日が訪れるかもしれないのです。
それだけはきちんと頭に入れて働くことが大事になります。
では、20代という若いうちから派遣社員として働くメリットにはどういったものがあるのでしょうか。
そもそも、派遣で働くメリットで最も支持をされているのは、働く条件を自分自身で決められるということです。
業界、職種、時給、就業時間、会社の規模、場所など好きなように決められますので、正社員では敷居が高く感じていた企業も派遣では簡単に働くことができるのです。

あらゆる職種を経験できる

派遣社員として働くメリットに、会社や職種に肌が合わなければ変えることができるというものがあります。
まず、派遣社員には契約期間というものがあり、3ヵ月、6ヵ月と期間が決まっているので「職場に合わない」、「もっと違った業種で働きたい」と思ったら他の仕事に進むのはそう難しい話ではないのです。
ですが、これが正社員となれば話は違い、そう簡単に好きな仕事には就けません。
後、スキルアップを目的として仕事内容を変える20代も多く存在してきます。

時給も高ければ残業代もしっかり出る

今でこそ少なくはなってきましたが、正社員で働いていると「サービス残業」といった残業代が出ないというのは普通にありました。
それと、正社員で働いた時間を割って計算してみると、普通に1000円を切るというのも当たり前の話でもあります。
ちなみに、派遣社員はある程度スキルを求められて仕事をしますので時給設定は高めです。
もちろん地域によって誤差はありますが、東京での一般事務の平均時給は1500円前後となっています。
また、残業代もきちんと出ますので、正社員で働くOLよりも高くなることも多々あるのです。

時間を有効に使える

派遣は契約で働く時間が定められており、派遣社員を雇用する会社もあまり残業をさせてしまうと残業代がかかってしまうので、派遣社員には無理をさせない事が多いです。
そのため、仕事終わりの時間を充実させたい人やスキルアップの為に専門学校に通っている人、既婚者から特に支持をされているのです。
こういった理由から、20代という若いうちでも派遣社員として働く人が増えているように感じます。

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.