Search

地元で働きたい方にオススメ!営業・販売系の職種で人と触れ合う

営業・販売系の職種は人とのコミュニケーションの上に成り立つ仕事です。営業において、新規の顧客を開拓するには、「相手が何を望んでいるのか」「相手の信頼を得るにはどうしたらよいのか」と考えを巡らせることが重要となります。また販売においては市場のニーズをいち早く察知する勘の良さを踏まえて、実際に商品やサービスをお客様に提供しなくてはなりません。今回はそんな営業・販売系の職種をいくつか紹介していきたいと思います。

意外と多い営業・販売系の職種の数々

・新規開拓営業
新規の顧客に対して商品・サービスをよりよくアピールする職種です。「個人宅への訪問営業」「新規顧客の契約とりまとめ」などを行います。新規の顧客を相手にする仕事なので高いコミュニケーション能力と、相手を安心させるような立ち居振る舞いができなければなりません。

・営業アシスタント
営業の仕事のサポートが主となる職種です。「データの整理作業」「経費の精算作業」「プレゼンテーションに用いる資料の作成」「電話での対応」「プレゼン・商談のサポート活動」などを行います。常に営業の状況を把握しつつ、自身の仕事もこなす容量の良さが必要です。また営業の近くでサポートをすることで、営業の知識を身につけることも可能です。

・販売・サービス
例えばスーパーマーケットや大型百貨店、大型量販店などでの商品の販売、サービスの提供を行う職種です。「直接販売活動」「接客業務」「商品の管理」「棚卸」「顧客データの管理」などを行います。お客様とのコミュニケーションや市場の状態を常に把握しているか、などが重要視されます。また経験を着実に積み、実力と実績を身につけることで、派遣からのステップアップも夢ではありません。

まとめ

営業・販売系の職種の紹介はここまでとなります。いかがでしたでしょうか。想像していたよりも種類が豊富で驚かれたのではないでしょうか。実際は紹介しきれなかったものもあるので、その仕事内容はさらに細分化されます。例えば「接客業」の中でも「レストランなどの飲食店での接客」や「スーパーマーケットなどの中型市場での接客」があるように。営業・販売系の職種は顧客との信頼関係を築かなければいけないなど、大変な面もありますが、人との触れ合い・繋がりの中で学びとれることもきっと多いはずです。この機会に営業・販売系の職種に興味を持った方は自分自身の適正も考えながら派遣ライフをスタートさせてはいかがでしょうか。

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.