Search

人間関係が派遣理由は逃げなのか?

人間関係が原因で今の会社を辞めて派遣してしまうという人は少なくありません。様々な理由で派遣をする人がいますが、人間関係が原因という割合も多いのも事実。しかし、この理由で派遣を考えた時に、人間関係で派遣をすることは逃げとして考えられてしまうのではないかと捉える人です。人間関係での派遣は果たして逃げなのでしょうか。

人間関係が原因で派遣することは果たして逃げと言えるのでしょうか?あらゆる視点から今回はその点について考えてみましょう。
(1)人によって感じ方は様々
人によって、この原因の捉え方は様々です。団塊の世代と言われるような人達であれば、人間関係による派遣は甘えだと考える人もいます。その一方で20代、30代という比較的若い年代の人からすると、人間関係に疲れる人も多く気持ちはわかるという人もいないことはないでしょう。このように人によって感じ方は様々なので、人間関係が原因だとしても、どういったいきさつでそうなってしまったのか。ということを理解する必要があります。
(2)人間関係を改善する手はあるかを検討する
人間関係で派遣をすることは、もったいないケースもあります。何故なら今の仕事には満足している中で、人間関係に疲れてしまっているからです。派遣を考えるよりも先に、今の会社内での解決策を考えることが大切です。改善する手段があるのであれば、派遣することはありません。そのため、派遣をするかと考える前に、今の会社でどのようにすれば解決する方向に向かうことが出来るのかという方向も検討してみることも大切なのです。
(3)それでも無理なら派遣を。
どんな策を考えても派遣しなければいけないほど人間関係が厳しいのであれば、派遣を行うことも1つの方法です。そこまでして今取り組んでいるような仕事を維持したいという意思の表れでもあるので、恐れることはないのです。このような状況が採用担当に理解してもらうことが出来るのであれば、その時は派遣を考えても良いと言えます。決して逃げではないと理解してくれるはずです。

人間関係の派遣が逃げかと言われると、全てがそうであるとは言えません。どういったいきさつで原因が人間関係にあるかがわかり、最善を尽くしていたことがわかれば恐れることはないのです。 大切なのは、派遣をするための情熱なのです。悩みに悩んだ末の派遣は決して逃げではないことを覚えておきましょう。

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.