Search

派遣と年齢の壁

 派遣業務を行う上で気になるポイントの一つとして「年齢」を思い浮かべる人は少なくないと思います。特に派遣業務の場合は特定の勤務先に長期間勤務することがないので気になってしまいますよね。学生や20代から40代、50代の方まで派遣会社に登録している方の年齢層は幅広いです。若いうちであれば体力や成長を期待されて様々な仕事を紹介されることができますが、年齢を重ねるごとに少しずつ仕事が紹介されづらくなるのではと不安になる方もいるでしょう。年齢によって向いている仕事や仕事の探し方などをご紹介します。

 若い方、特に学生の方などはスキルや知識を求められるような仕事よりも体力仕事や接客、などの仕事に参加しやすいです。これらの仕事は数日間の短期間のものが多いので、自分の予定と照らし合わせながら仕事をすることが大切です。

 30歳を超えると年齢の壁を大きく感じ、派遣の仕事に就くことは難しいと感じている人は多いでしょう。しかし法律では年齢によって仕事の紹介を制限することはできないことになっているため、だれでも応募することができます。とはいえ、実際に応募してもあまり採用されなかったり、紹介される仕事の数自体少ないということもあります。実際、派遣会社は企業に人材を紹介するときにより魅力的な人材を紹介したいと考えるため、なるべく若く、スキルのある人材を選んでしまうのが現実です。年齢が高いと仕事を教えづらいなどと言われることも多く、避けられる要因の一つになっているようです。
 30代、40代でも仕事を紹介されるようにするためには、若い人材にはないスキルを身に着ける必要があります。資格だけでなく、実務経験も活かすことができるので、専門的な仕事をできる人材を目指しましょう。また、あまり人気のない仕事を狙うようにすることも一つの手です。競争率が少ない仕事を探すことでライバルも少なくなり、仕事に就き康子なるはずです。

 50代以降の方でも派遣会社に登録し、実際に仕事をしている方もたくさんいます。そのような方は自分の経験を活かしたり、専門的なスキル、人間関係、コミュニケーション力等の力を活かす方が多くいます。また、中高年を対象にした派遣会社も存在しています。即戦力として活躍できる50代以降の人材を確保したいという企業も少なくありませんのでそのような仕事を紹介している人材派遣会社を探すということも非常に重要です。

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.