Search

多種多様な派遣

多種多様な働き方が増えてきた、この現代社会。働き方もただ会社に9時に出社して働くということではなくなってきております。そんな中で、多用な働き方と言われるけれど、いったいどんな仕事があるのかよくわからない。 そう考える人もいるかもしれません。

会社の種類は様々です。それでは具体的にはどのような働き方があるのでしょうか。
(1)ベンチャー企業
自分を磨きあげたいという人には、ベンチャー企業で働くことが適しているかもしれません。大企業に勤めているだけでは、自分が組織の一員で終わってしまいます。個人を磨きあげて飛躍的な成長をすることは難しいものと言えます。このようなことを考えると、ベンチャー企業で働くということは大いにチャンスがあると言えるのです。
(2)NPOで社会貢献をする
NPO法人(特定非営利活動法人)といえば、収入がないボランティアの延長だと思われがちですが、全国にあるNPO法人のうち7割は黒字であると言われています。実は企業よりも安定していると言われています。もし社会貢献をしたいという強い願望があるのであれば、企業で活動することはもちろんのこと、このようなNPO法人で働くという方法も良いかもしれません。特定の分野に特化した社会貢献活動をすることが出来、同じ目標で集まった人たちと一緒に戦っていくことが出来ます。
(3)貧困層を対象にしたBOPに挑戦
途上国における貧困層対象のビジネスを「BOPビジネス」と呼びます。これは現地における様々な社会的課題(水、生活必需品、サービスの提供、貧困削減など)の解決に資することが期待され、持続可能な新たなビジネスモデルであると考えられています。
解決する上では、様々な研究や失敗を繰り返す可能性が大きくありますが、解決する策を見つけることが出来るような商品を開発すれば、見返りも大きくなります。

まだこの他にも、あらゆる働き方の企業が存在しています。そのため、自分にとってどんな仕事をしたいのかを改めて考えてみる必要がありそうですね。

現代社会では、様々な視点で考えられたビジネスが存在します。これで働いていれば問題ないという時代ではないのです。そのため、働く上では自分はどのような仕事をしたいのか?いったいどのようなことを実現させたいのか?という仕事に対する自分の取り組む姿勢と向き合うことが大切であるといえます。 多種多様な働き方を派遣する前にチェックしてみることも1つの方法ではないでしょうか。

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.