Search

定年と派遣どちらが良い?

働く人にとって永遠のテーマの1つかもしれないこと、それは定年まで働くか、派遣をするかということ。特にこのテーマで悩まされる人は、大手企業に就職をした人たちではないでしょうか。安泰と言われる企業に就職したことで、そのままその会社に居続けることが正解と思うかもしれません。しかし、人によって派遣をした方がよいかと考える人もいます。果たして、どちらが正しい選択であると言えるのでしょうか。 今回は派遣をすることが良いか、定年まで働くことが良いのか考えてみましょう。

派遣をするメリットと、定年まで働くメリットそれぞれについて考えてみましょう。派遣をするメリットとして考えると、様々な会社を渡り歩くことで、色々な経験を積むことが出来ます。また、いろんな会社の体質で過ごすことで様々な視点で物事を捉えることが出来、キャリアを積むことに魅力的な人材へと成長していきます。これらの点で考えるのであれば、派遣をすることで様々な経験をすることが出来るという期待が生まれますそれでは、定年まで働くメリットとはいったいどのようなことがあるのでしょうか。
定年まで働くメリットは、1つの会社の歴史を一緒に築きあげていけるという誇りが生まれることであると言えます。それだけではありません。1つの仕事に特化した職人気質の点でも評価されることはありません。人によっては職人気質の人はこのような働き方が適しているかもしれません。

どちらにとっても派遣するメリット定年まで働くメリットがあります。しかし、これらの特性は人によって感じ方が随分違うものだと思われるのではないでしょうか。つまり、派遣をするべきなのか、定年するべきなのかはその人の特性、仕事の姿勢により大きく異なってくるのです。どちらが優れている制度であるとは言い切れないのが現状なのです。
自分にとって適しているのはどちらなのかということを理解していることが大切と言えるのです。

以上のように、定年、派遣どちらが優れているのかは、時代によって様々な捉え方をされます。現代社会では派遣の方が適していると考えられるかもしれませんが、全てがそうであるわけではありません。大切なのは、自分の考えでしっかりと進むべき道を選択することが何よりも大切であると言えます。

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.