Search

零細企業から大企業へ派遣で働くには?

中小企業の中でもいわゆる零細企業で働いている人が、ふとした時に派遣をしたいと考えた時、それは容易に派遣することが出来るのでしょうか?単純に考えると、小さな組織から大きな組織は色々なハードルがたくさんあり、難しいかもしれない。とそう思うかもしれません。しかし、実はそれは大きな間違いでもあるのです。派遣を行う際のポイントを理解していれば、そのような悩みをすることはありません。今回は零細企業から大手企業へ派遣するために必要なことを中心に考えて行きましょう。

零細企業に勤めていることで、大企業にはない強みがたくさんあります。その強みを派遣活動でアピールすることが出来るのであれば、恐れることはありません。それでは、その強みとはいったいどのようなものなのでしょうか。
(1)少数精鋭で働いた経験をアピールする
零細企業で働く場合には、大手企業にはない仕事のアプローチであると考えられます。具体的に言えば、仕事を1つ1つ任されることが多く、どれも欠くことが出来ないものばかり。その状況下で仕事をこなしていくことで、大企業にはない実績が必然的に備わっていることを忘れてはいけません。この少数精鋭により生まれている環境を訴えていかない手はありません。
(2)何が出来る人物なのかを明確に伝える
派遣は、前にいた会社にいたことを評価されて採用が決まるというものではありません。前の会社でどのような仕事を経験し今に至っているのか?ということをしっかり評価される場所でもあります。そのため、今の会社の状況を見られるということはありません。今の会社の経験を活かすことで、自分の会社にどんなことをしにやってくるのか?という期待をしっかりと伝えることが重要になってくるのです。 このことをしっかり理解しておけば、零細企業だから採用されないということではないことが理解出来るのではないでしょうか。
(3)自分の職務歴をまとめる
これらをうまく活用するためにも、自分の職務歴を一通り整理することも大切になってきます。その結果として、自分にとってどのようなことが望まれるのか?ということが見えてくるはずなのです。

零細企業から大企業へ派遣する際に大切なことは、自分のことをいかにアピールし、自分を役だてることが出来るかを評価してもらうことなのです。この点を理解した上で研究をしていけば、恐れることはないのです。

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.