Search

その場しのぎの派遣、どう防ぐ?

派遣を何度も繰り返す人がいます。そんな人に共通することがいくつかあります。例えば、勤めていたのがわずか数ヶ月。業種がバラバラ。辞める理由がキャリア以外のことなどの共通点があります。そんな人たちが派遣活動をしていく中で回数が浅ければなんとか採用されるかもしれませんが、近い将来全く相手にされないということが大きく可能性として考えられるのです。このような人たちが派遣活動をする際に気をつけなければならないのは一体どのようなことなのでしょうか。

派遣活動が多く、勤続経験が短いと一体どのように面接官は見ているのでしょうか。
その答えは1つしかありません。この人は行き当たりばったりの人だと思われます。
そのように思われてしまった場合、採用してもらうことがとても困難になっていくのです。
もちろん、例外もあります。自分はもっと長く働きたかったのにどうしても辞めなくてはいけない理由が明確にあれば、ある程度考慮してくれるかもしれませんが、厳しくチェックされる場合では、それだけで覆すことが厳しいように思えます。それでは、こういう人達がどのように挽回していく必要があるのでしょうか。

会社を辞めてしまったこと、勤続経験が短いということは嘘をついてもすぐに分かってしまうものですが、変えることの出来ない事実です。ここからの派遣活動はマイナスからのスタートと言えます。しかし、落ち込むことはありません。こういう場合は、面接官側に立って考えてみることが大切です。例えば辞めてしまった理由。事情を知らない・あなたという人間を100%知っていない面接官がその話を聞いた時にどのような印象を受けるのだろうか。ということを考えてみてください。その際、話を聞いてもプラスになるどころかマイナスになってしまうということであれば、わざわざ履歴書に書く必要はありません。そのようなことを記載するよりかは自分の人間性をアピールして挽回をするということが大切です。

派遣を行き当たりばったりで繰り返していると、いずれ自分にそのツケが返ってきてしまいます。そのため、派遣を安易にすることはどういうことなのか。ということも同時に考えることも大切です。また、過ぎた過去は変えることが出来ないので、そのような状況になってしまった人は覆すためのポジティブな要素を考えることが大切です。

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.