Search

スクールで学んだ経験を派遣で活用する危険性

派遣は、派遣したいと感じた時に実行に移すことが最も大切なものだと多くの人が思っています。もちろん、そうではないと否定的な考えをする人はあまりいません。しかし、派遣でもあまりお勧めしない派遣活動があるということをご存知でしょうか。
若手社員が考えがちですが、スクールに通うことで、会社で学べないノウハウを学びそれを派遣活動で話すということです。何故このようなことが良くないとされるのでしょうか。

現代社会では、社会人向けの経営スクールなどがたくさんあります。ここに通うことで会社では得られない知識やノウハウを学ぶことが出来、多くの社会人が勉強をしています。勉強をすることはとても大切ですが、ここを本当に理解しておかないと危険なことがあるのです。例えば、若手社員が今の会社に不満でキャリアがない状態でこういったスクールで学び派遣をするための知識を得ることが危険なのです。このようなことを面接でアピールしても採用してもらえる確率はとても低いと言えます。起業するということであれば話は別かもしれませんが、そうでない限りはこのような状況下は非常に難しいと言えます。

派遣活動で採用担当者が重要視する要素の1つに、「経験」があります。あなたがどのような経験をして今までに至ってきたのか?ということを聞きたいのです。今の会社をおろそかにして、スクールでの勉強を頑張ったとなると、あなたは自分のためにしか頑張れないのか?と思われてしまいます。そのため、スクールはあくまで今の会社、あるいは自分の将来役に立つ知識であり、派遣活動を有利にするためのものであるとは言えません。この点をしっかり理解しておかないと痛い目に合ってしまうのです。

若手社員の中にはこのような発想をする人が多いかもしれませんが、最も効率的でかつ大切なものが得られることは会社で色々と実績を積み上げていくことなのです。どんな辛い状況でも逃げずに立ち向かっていく経験をしていく方が派遣活動では必ずそれが良いアピール材料となります。もちろん、経験している最中の人からするとやめてくれと感じるかもしれませんが、辛いものだからこそ得られるものがあるのです。

今回は特に若手社員の人が陥りやすい経験をもとに、スクールに通うことが派遣活動のプラスになるかを考えてきました。大切なことは今の状況下でどのような経験をし、その結果派遣活動へつなげるということなのです。

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.