Search

登録型派遣と常用型派遣、意外と知られていない2種類の派遣について

みなさん、派遣というのは2種類に分けられることをご存知でしょうか? 「登録型派遣」と「常用型派遣」です。あまり知られていませんが、この2つの派遣には大きな違いがあります。今回は、この「登録型派遣」と「常用型派遣」、特に「常用型派遣」の方について、考えていきたいと思います。

一般的な人材派遣=登録型派遣

まずは、登録型派遣について、説明していこうと思います。登録型派遣とは、働きたいという人が、まずは人材派遣会社に登録し、派遣会社から紹介された派遣先で働いている間だけ、派遣会社と雇用契約を結ぶというものです。この派遣社員は、派遣会社と雇用契約している間のみ、お給料を貰えます。しかし、裏を返せば、契約期間が満了した後は、また登録待機状態に戻ってしまい、その間、お給料は貰えません。これが、一般的な派遣のイメージではないでしょうか? 実際に、多くの派遣会社が使っている「派遣」という言葉は、登録型派遣を指しているようです。

常用型派遣とは?

それでは、一体、常用型派遣というのは、どのようなものなのでしょうか? 分かりやすく言うと、常用型派遣とは、「働いていないときでも、お給料を貰える派遣」です。どういうことかと言うと、派遣会社と雇用契約を結んでいる期間しか、お給料を貰えない登録型派遣と違い、常用型派遣では、派遣会社と期間が決められていない長期的な契約を結ぶことで、仕事が無いときでも、お給料や雇用が確保されるのです。さらに、社会保険や有給休暇などの対象でもあるため、派遣社員というよりも、正社員に近い存在と言えますね。登録型派遣には無いそうした安定感が、常用型派遣の魅力です。

どんな人が常用型派遣で働けるの?

ここまで説明してきた通り、常用型派遣には、多くのメリットがありますが、誰でも利用できるわけではありません。なぜなら、常用型派遣というものが、専門的なスキルを持った人材をピンポイントで、かつ柔軟に活用していきたいという企業のニーズに合わせたものだからです。つまり、企業が、プロジェクトに合ったスキルを持つ人材を一時的に補充するために、この常用派遣を利用するのです。そのため、常用型派遣として働く人には、高い専門技能が求められます。しかし、裏を返せば、一つ突出した能力がある人には、オススメできる働き方だと思います。みなさんも自分の武器を生かして、常用型派遣として働いてみてはいかがでしょう?

©派遣モニュメント . All Rights Reserved.